FC2ブログ
   
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収穫期イチゴハウス雑観

おはこんばちわ、<ケンゴロウ>です。

前回、我らのイチゴの初収穫をご報告したと思います。
今回はそれと併せまして、9月の定植からのハウス内の変化を見ていただきたいと思います。


まずは、これ。
元気なランナー整理後
9月にイチゴの苗の定植が完了した直後の写真です。
やや写真が小さくて恐縮ですが、まだ畝上の土が見えるくらいの葉っぱの量ですね。


で。
こっちが先週撮影したモノ。
収穫期圃場1
すっごいモッサモッサしてますね、葉っぱが。

まあともかく、それ以外にも9月と比べると変わったところが幾つか有るので説明したいと思います。

まず、写真右の箱が前々回説明したハチの巣箱です。
ハチミツは採れません。

次に、手前から奥に伸びている黄色いテープ。
これは害虫対策のテープです。

最後に、手前左の赤くてケーブルが繋がっているヤツ。
その名も、「光合成促進装置」
こいつが朝晩と稼動してくれるお陰で、イチゴ達もスクスク元気に育ってくれるっていう寸法でさぁ。
↓↓↓反転すると真実を知れます↓↓↓↓
まあ、ぶっちゃけるとプロパンガス炊いて二酸化炭素を撒き散らす今の時代では環境破壊兵器と言っても過言ではない代物で、同じ赤くてケーブル付きならビーストモードのヱヴァ2号機でさえもう少し地球に優しいんじゃね?っていう感じなんだが、結局撒き散らした二酸化炭素はイチゴが吸って無くなるからオールオッケーなのさ、騙されたな馬鹿メガ!
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

全体像としてはこんな感じです。
次はひとつひとつの株ごとに見てみましょう。

これが、9月の定植直後の様子。
CIMG0899_convert_20100913221839.jpg
まだ根も張ってないし、全体的に弱々しい感じがします。


で。
こっちが先週撮影したモノ。
収穫期圃場3
・・・。
なんというか、随分たくましく育ってくれましたね。
上の頃の面影なんてもう微塵も残っていません。

でもまあ、これくらいに育って貰わないと、来年5月まで搾取収穫し続けられませんからね。
結構なことですよ、ホント。

収穫の方も、徐々に収量も上がり、出荷も順調に進んでおります。
あとは、我々の気力と体力がどこまで持つか、そこが勝負どころだったりします
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

 池田種苗店  CulDynaGroup(池田農園)    代表 : 池田 剛士(タケゾウ)

Author: 池田種苗店  CulDynaGroup(池田農園)    代表 : 池田 剛士(タケゾウ)
  
私が5代目を勤める池田種苗店は、地域の方々の支えのもと、美味しく良質な作物作りに欠かせない生命の種を販売させて頂くと共に、栽培のノウハウを伝える商売として認知して頂いております。また農園も、主力作物のイチゴを中心に季節の野菜を栽培し、販売させて頂いております。

CulDynaGroup
(池田農園)

栽培管理 : 若本隆一朗
  (ワカノスケ)
営業販売 : 荒川 聡
   (ソウエモン)
人事総務 : 田中 健一
  (ケンゴロウ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。