07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【野菜高騰?】農家としては予想通りですが・・・

どうも皆様、ご機嫌麗しゅう。<ソウエモン>です。

なんか、名前の色は個人の名刺の色にしろと・・いうことでパープルです。
これでも大学時代には『メガネパープル』としてその名を轟かせたどうでもいいですね、これ!

さて、mixi news等をご覧になっている方も多いと思いますが、野菜高騰の話題を目にするようになりました。特に日本だけでなく、韓国でも困っているようですね。

理由は簡単、『暑すぎた』これが全てです。


種を播くことを事を「播種(ハシュ)」、育てた苗を畑に植える事を「定植(テイショク)」というのですが

播種後、定植後にはしっかりと水やりをしなくてはならないんです。

白菜は播種~収穫まで、およそ70日程度です。私達が育てている白菜はなんとか調子よく育ってくれていて、今月の半ばぐらいには収穫できそうなのですが。

70日前というと、思い出したくもない8月ですね・・・。

連日連夜の猛暑と、2週間近くの日照り。これでは播種も定植もできないのです。

『水、あげればいいんじゃないの?』

というのは普通のことなのですが、プロの農家さんでは「面積が広すぎる」。自分の畑でやっている方は「近くに水道がない」等の理由があってですね、けっこう大変なんです、水やり。

近くに水道がない・・・というのは意外かもしれませんが、用水路はあるけど蛇口が近くにないっていうところも多いんですよね~。

私達はビニールハウス横で作っているので、蛇口も近いのですが。それでも300穴育てている白菜全てにジョウロで水をやったら一時間程度。二時間経ったらまた最初にやったところは乾燥して・・・水やりしてもまた乾燥して・・・とループに陥ってしまうんですよね。

他にも原因は様々だと思いますが、天候にはなんとも対処方法が無いもので。

というわけで、長々と書いてしまいましたが。出荷数が少なくなって値上がりするというのは予想通りだったりします。

それでも、11月ぐらいになれば出荷数も増えてくるので値段も落ち着くかと思います。お鍋のシーズンにこれは痛い!!と思っている方も、キムチ!キムチが!!とお悩みのあなたも。

少し時期がずれるかと思いますが、少々のご辛抱を・・・ということで。

しっかし、毎年毎年「異常気象!異常気象!」っていってますが。農業は顕著に影響受けますよね~。
農業も時期とか、地域の代表的な作物とか、これからどんどん変遷していくのかもしれませんね。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

 池田種苗店  CulDynaGroup(池田農園)    代表 : 池田 剛士(タケゾウ)

Author: 池田種苗店  CulDynaGroup(池田農園)    代表 : 池田 剛士(タケゾウ)
  
私が5代目を勤める池田種苗店は、地域の方々の支えのもと、美味しく良質な作物作りに欠かせない生命の種を販売させて頂くと共に、栽培のノウハウを伝える商売として認知して頂いております。また農園も、主力作物のイチゴを中心に季節の野菜を栽培し、販売させて頂いております。

CulDynaGroup
(池田農園)

栽培管理 : 若本隆一朗
  (ワカノスケ)
営業販売 : 荒川 聡
   (ソウエモン)
人事総務 : 田中 健一
  (ケンゴロウ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。